精力剤の飲み方

悩める妻に捧ぐ!勃起力の低下した夫に精力剤を飲ませるテクニック!

更新日:

旦那さんのペニスのたちが悪いから、精力剤飲ませたいけどどうすれば…と悩んでいませんか。

男性は自分の弱い面を指摘されるのを極端に嫌います。

おそらく弱い面を見せることが、自然界では生き残れないと本能的に感じているのではないでしょうか。

とはいえ、旦那さんに精力剤飲んで欲しいですよね。

この記事では、困った旦那さんに精力剤を飲ませるための3つのアプローチをお伝えします。

男は飲めと言われると飲まない人が多い!

男性はどんな人でもプライドがあります。

『うちの主人に限って…』という方はとくに注意が必要です。

一度機嫌を損ねてしまうと、回復するのが大変です。

僕自身も、なんで男ってこんな面倒なんだろうと感じる時があります。

飲めと言われると飲みたいくないのが男心。

そんな旦那さんに精力剤を飲ませるのに効果的なアプローチは3つです。

立たない旦那に精力剤を飲ませる3つのアプローチ

1.血液サラサラなど健康面をアピールして飲ませる

50代にもなると体のいろんなところに不調がでてきていませんか。

健康診断で数値的にひっかかった、再検査の指示があったなどあると思います。

そこをうまく利用しましょう。

『なんか尿酸値にいいっていうサプリあったから買ってみたんだけどどう?あなたに、いつまでも元気でいてもらいたいし。いつもありがとう。ご苦労さま。』

みたいな感じで、さりげなくがポイントです。

感謝の気持ちを伝えつつ、健康のことも気遣ってくれたなら悪い気持ちはしません。

この時、そのままではなく飲みやすいように100均とかで買えるサプリケースにいれておくのがポイントです。

精力剤だと悟られてはいけません。

2.知り合いの家も夫婦で飲んでいるといって飲ませる

『ほら、○○さんとこの旦那さん。あなたと同じ××の調子悪いって言ってたけど、サプリ飲み始めてからよくなったみたいよ。うちも買ってみたんだけど飲んでみない?』

こんな感じですね。このパターンのポイントは旦那さん同士が知り合いじゃない時にしか使えません。

旦那同士があって『サプリ飲んでるって聞いて僕も飲み始めたんですよ!』なんて会話になったらすぐバレますからね。

3.疲れが取れるサプリをいって飲ませる

寝ても若い頃のように疲れがとれない。

歳を重ねるとそういった症状も出てくると思います。

しっかり寝たはずなのに、疲れがとれていないと仕事に行くのもしんどいし、何もしたくないですよね。

精力剤は男性ホルモンの分泌をサポートしてくれます。

男性ホルモンは活力の源にもなるので結果的にはウソにはなりません。

セックスするなら実は夜より朝がいい!?

サプリを飲ませることも大切なのですが、実はセックスする時間帯も重要です。

勃起力の源の男性ホルモンは寝ている間に生成され、目覚めとともに消費していき、また夜になり就寝すると生成されます。

夜にホルモンを貯蓄して、昼間はそれを切り崩している貯金に似たイメージになります。

つまり、朝起きたときが一番勃起する力が強いということになります。

逆に夜が一番ホルモン量が少ないので、勃起力も最低なんですね。

まとめ

男性はどんな人でもプライドがあります。

面倒だと感じるかもしれませんが、それが現実です。

ポイントは、

  1. 旦那に感謝する
  2. 不調に効果的をアピール
  3. さりげなく

この3つをおさえればよほど夫婦仲が普段から悪くなければ成功すると思います。

セックスするタイミングにも注意しながら、是非トライしてみてくださいね。

50代も実感できる勃起力アップ成分たっぷりの精力剤

国産で安心して勃起力改善できるバイタルアンサー

  • 勃起力アップに必要な成分を、最適な配合!
  • 国産&品質に関する3認証取得で安全に勃起力改善できる!
  • 効果がなければ返金!安心の30日間の返金保証付き!

天然のバイアグラ!クラチャイダムゴールド

マカクラチャイダムゴールド
  • マカの数倍の栄養素でペニスにドンっと活力!
  • 天然素材100%で副作用なく、安心に勃起力アップ!
  • 効果がなければ返金!安心の14日間の返金保証付き!

-精力剤の飲み方

Copyright© 50代で勃起力が落ちた中年男性が選んだ精力サプリは? , 2018 All Rights Reserved.